スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
但馬くんと甘粕くんの本は納品済みです。印刷所さんお仕事ちょう早かった。
とらのあなさんで予約始まりました。
甘アキ本も出したかったけれど、ちょっとゆっくりめに描きたいのでこれは夏コミあわせにします。えへへエロ本です。

二次創作だとか原稿だとかに割ける時間が年々少なくなっていきますが、なんとか描けているし描いているし描いていたいし。
描けるって状況に感謝します。
いつまで描けるかわかんないし、いつまでオタごとの現場に足を運べるかわかんないので、今やりたいことはやっておこうと思うし会いたい人には会いにいこうと思うのでした。
なんて
そんなおセンチなお年頃です。


なので「甘アキ成人向」はいつまでも自分の中で開けない扉(甘アキって欲望を秘めるがこそのカップリングだと思っているので)にしておかずに描いていこうと思いました。とか、後からとってつけたように言う。

拍手コメお返事たたんでいます
K.M様

ハトプリからだとは!わー・・いろいろお話したい気持ちです!

再版の装丁の件は、本当に申し訳なかったのですが今回はクラフト紙の挟み込みはしていません。
急な場面転換の多い本なので、話の流れを切る役割りとしてクラフト紙を使用していました。
今回は、初版と同じ数では刷れないので(お財布事情で)印刷所さんを変更したため以前と同じ装丁はできませんでした。
本当に申し訳ないです。
でも、お読みいただく分には差し支えないとおもいます(スミベタのページを差し込みました。印刷屋さん泣かせ)
内容は拙いのですが、とても思い入れのある本です。お付き合いいただけたら幸いです。ぺこり



( 2012.06.16 ) ( 日々 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。