こんな大変な状況下で
皆があたりまえのように助けあい、
パニックにならずに徒歩などで集団帰宅したり、
コンビニやスーパーがホテル、レストランがトイレ避難所や資供給所としたり
それってすごいよね。
地震に対して心構えがある国だからってこともあるけれど
これは、日本の誇れる凄いことだと思います。

都内では、ゆうべ深夜にかかわらず鉄道は再開しはじめて
今朝にはほとんど復旧していた。
深夜に動く電車をニュースで見たとき
どこに向かってありがとうっていえばいいのか・・胸が熱かったよ!
これは鉄道だけでなく各現場に向かって。

そして、大事な家族も、朝の電車にのって無事に帰ってきました。
みなさんありがとうございます。


こんな大変なときに、私のかわいい妹が本日嫁いで(引っ越して)行きました。
だんな様は北海道の自衛隊さんです。
昨日メールが「迎えに行けない。新居のカギ、ポストのなか」とあったらしいです。
どうぞ、どうぞ、私たちの分までよろしくお願いいます・・・・。




以下は昨日のことです。
-------------------------------


昨日は、大変揺れてさすがに血の気がひきました。
趣味のフィギュアを飾った、背の高いガラスケースを押さえつけるのが精一杯でした。
スライド式なのにガラス戸が開いて、
七人の侍がばったばった倒れて三船敏郎がびょーんと飛び出した。
手の届かないところでテレビがぐらんぐらん揺れてて
ガラス棚と値段を比較したけれど倒れて悲惨な状況をつくるのはガラス棚なのでがんばって抑えてました。
(ら、カウンターの上の梅酒をつけた瓶がガタガタ移動してるのが目に入って「ノー!」と叫んだ。)(無事でした)

この時点で家族がバラバラだったのでそれが凄く不安でした。
直後に一人と合流できて一安心するも、都内のひとりと連絡がつかず(携帯が通じないので)しばらく悶々。

ツイッターは元気だったので、TLを眺めながら気を落ち着かせていたら
「メールは「(メール)問い合わせ」をすれば届いてたりする」という情報があり
そのようにやってみたら、都内の家族から無事で今夜は都内にととどまるという旨のメールが届いていた。

ほっとしててようやくライフラインを確認してみるとガスがつかない。
揺れたので自動停止してる様子。
ツイッターで「ガスの自動停止の解除」の方法が紹介してあったので早速実行。
マンション内にお友達や赤ちゃんのいる方がいるので、訪ねて行ってガスを使えるようにしたら大変喜ばれた。
ツイッターのみんなのおかげだよー。

そのまま夜はテレビと電気は消せないままでした。
TL眺めながらいろんなこと考えて泣きそうでした。

ツイッターなかったら全然違う夜だっただろうな。
みなさんありがとうございました。

TLに戻ってこなくて心配な子もいるんだけど
停電とか避難とかが理由なんだと思っています。
とにかく無事を祈っています。




( 2011.03.12 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL